グアヤキルにおける地震及び津波の被害軽減のための技術(緊急警報放送(EWBS)等)に係る地域セミナー

1 2016年9月12日及び13日,グアヤキルに所在するECU911(警察・救急・消防統合通報受理センター)において,「地震及び津波による被害軽減のための技術(緊急警報放送等)にかかる地域セミナー」(注)が開催されました。
 
2 同セミナーでは,防災対策における情報通信技術の活用等に関する講演及び技術会合が行われ,セミナーには,エクアドル防災・放送分野関係者を中心に,約100名が出席しました。4月16日の地震による被害が当国で非常に大きかったこともあり,以前にも増して防災・減災対策におけるEWBSを含む情報通信技術(ICT)活用への強い期待が感じられました。
 
3 在エクアドル日本大使館からは,飯田書記官が出席し,東日本大震災等の経験を基にした日本の防災分野におけるこれまでの取り組み,防災分野における日・エクアドル協力案件,地デジを含むICT分野におけるこれまでの両国の協力案件等について講演を行いました。
(注)エクアドル政府(情報通信社会省(MINTEL),危機管理庁(SGR)),ペルー国立工科大学電気通信訓練研究所(INICTEL-UNI)、国際電気通信連合(ITU)の共催。日本側からは,総務省,在ペルー日本国大使館,在エクアドル日本大使館,JICA関係者等が出席。


                       
                       (講演する飯田書記官)                    (セミナー模様)