大平秀一東海大学教授及び横尾紙芝居師のエクアドル被災地への活動

                      

在エクアドル大使館は,エクアドル文化・遺産省等との共催で,アメリカ文明・文化財保存の専門家である大平秀一東海大学教授及び横尾咲子紙芝居師のエクアドル,とりわけ本年4月に発生した地震による被災地への派遣事業を,それぞれ9月,10月に実施いたしました。
 
大平教授は被災地の博物館等を巡回し,文化財保存状況を調査し,右に関する所感やご自身の知見につき,キト及びグアヤキルにおいて,政府関係者を含む人たちへ共有し,意見交換を行いました。
また,横尾氏は,マナビ県及びエスメラルダス県において紙芝居やワークショップを実施し,被災地の人たちへの心のケア・サポートを行いました。